まちづくりキャンプ



まちづくりキャンプは、まちに眠る「空間」と「コンテンツ」を再発見し、魅力
あるまちの将来像を描くメソッドです。
                                 
リーダーであるOpen A・馬場正尊を筆頭に、関西・全国で活躍するまちづくりの
先駆者や、新しいビジネス・カルチャーをつくり続けるチューターと共に、リア
ルなまちを舞台に、 アイデアと知識と経験をフル活用して、まちのこれからの
魅力を創造する3日間の実践的なワークプログラム。
                                 
ワークプログラムの他にも、まちづくりやリノベーションの先導者が語るトーク
セッション、ラウンドトークなどのトークプログラムも盛りだくさん。
                                 
これからのまちの将来像を描くためになくてはならない、
「分析力」「イメージ力」「計画力」「事業構想力」「実践力」「突破力」を鍛
えます!
                                 
一緒にまちを盛り上げたい、商売を繁盛させたい、自分のセンスを試したい、リ
ノベーションを実践的に学びたい等、まちで何かにチャレンジしたいと 思う、
全ての人が対象です。
本気で3日間、これからのまちの未来を一緒に考えよう!
          
【開催日程】
                                 
2015年1月30日(金)~2月1日(日)
                          
【リーダー】
                                
馬場 正尊(Open A 代表・建築家・東京R不動産ディレクター)
                                
【副リーダー】
                                 
加藤寛之(サルトコラボレイティブ 代表)
                                

【ワークプログラム】

 

コース1.商店街再生戦略コース(定員:5名)

チューター:加藤寛之(サルトコラボレイティブ 代表)

              

沖縄と大阪文化が融合する平尾商店街。

商店街のフィールドワークやリサーチを通して、課題やニーズを捉えながら、平

尾商店街をもっと魅力的にするアイデアとスキームを考えます。

 

コース1の申込はこちら

http://machicamp-workprogram01.peatix.com/ 

 

 

コース2.小さなカフェランニングコース(定員:5名)

チューター:吉野智和(エクスクラメーションスタイル 代表)

              

大正区でまちに根ざしたカフェや飲食店を始めたい人、募集。

まちにある小さなカフェは、自分のこだわりとカルチャーを表現する場でもあ

り、街のコミュニケーションスポットであり、情報発信基地でもありま す。

地域に根ざした小さなカフェをつくるには?まちの見極め方と経営をイチから教

えます。

 

コース2の申込はこちら

http://machicamp-workprogram02.peatix.com/ 

 

 

コース3.リノベーションプランニングコース(定員:5名)

チューター:小山隆輝(丸順不動産 代表)

             

実際にある空き家を対象に、まちや空間の魅力を最大限に引き出しながら、平尾

にしかない新たな事業計画・コンテンツを考えます。

 

コース3の申込は

http://machicamp-workprogram03.peatix.com/ 

 

 

コース4.本気のセルフリノベコース(定員:10名)

チューター:中山雄介(SHU建築 代表)

                   

平尾商店街にある有効活用されていない倉庫を、まちを魅力を広めるスポットに

セルフリノベーション。リアルな空間を自らの力で編集する、DIYの 実践を通し

て、空間を短期間で作り上げるスキルを修得します。

 

コース4の申込はこちら

http://machicamp-workprogram04.peatix.com/ 


【トークプログラム】
                    
3日間のワークプログラムにご参加頂けない方でも、トークプログラムにはお気
軽にご参加頂けます。気になるゲスト、トークテーマを自由に選んでご 参加下
さい。まちづくりやリノベーションの先導者が語る、トークセッション、ラウン
ドトークなどが盛りだくさん。
※ 各イベントページにて、ゲスト・トークテーマ・開催日時などを発表します。
     
                 
【タイムスケジュール(ワークプログラム)】
                 
2015年1月30日(金)10:00~ 19:30
2015年1月31日(土)10:00~ 21:00(コース4は、9:00~)
2015年2月 1日(日)10:00~ 21:00(コース4は、9:00~)

※上記の時間には、トークプログラムやパーティタイム(ワークプログラム参加
者は全員参加)を含みます。
                          
【会場】
                 
コース1~3:大正沖縄会館 (大阪市大正区平尾5丁目1-19)
コース4:平尾商店街 (大阪市大正区平尾3丁目22付近)
                   
【参加料】
           
コース1~3:15,000円(3日間)※
コース4:5,000円(3日間)※
                   
※上記の他に、パーティー代6,000円(オープニング、ラウンドトーク飲食代、ク
ロージング)がかかります。
※会場までの交通宿泊費、飲食代は各自負担でお願いします。
                          
【参加条件】
               
・年齢・性別、居住地や資格・職業など一切問いません。
・ 原則として、全日程参加が可能な方(トークイベント、パーティーなど含む)
・当日までに参加料(各コース料金+パーティー代)を事前に銀行振込にてお支
払い済み方
                 
【参加申込】
                
2014年12月16日(火)12:00より、参加申込受付を開始します。
※ワークプログラム/トークプログラムへの参加をご希望の方は、各イベント
ページからお申込み下さい。
※ワークプログラムへ参加される方は、各トークプログラムへの参加申込は不要
です。
                            
【主催】

大正区平尾リノベまつり実行委員会

第三回リノベーション講演会~未来へ まちの「兆し」を見つける~

今回のリノベ@大正区は、「まちの“兆し”を見つける」をテーマ
まちづくりの専門家に講演していただきました。

大阪市阿倍野区昭和町エリアにおける長屋・古ビル再生を手がける小山隆輝さん
から
桃ヶ池長屋や昭南ビルを事例に、まちの価値向上のための今までの取り組みや
昭和町付近にて10年前から取り組んでいる不動産からアプローチするまちづくり
の方法
についてスライドを交えながらお話いただきました。


また、この日は小山さんの講演後に第2回リノベーション講演会の
登壇者であるopen Aの馬場正尊さんとサルトコラボレイティブの
加藤寛之さんを交えてのクロストークも行われました。

馬場さんは、区全体が水辺に囲まれた大阪でも特有のロケーションをもつ
大正区の可能性について、また、加藤さんは集客イベントで人を呼ぶこと
よりも、区民が自分たちの住むまちのファンになるような仕組みづくりを
しなければ、地域は生まれ変わらないという話をされました。
それぞれの分野で活躍されている皆様のクロストークに、
参加者は真剣に聞き入っていました。


講演会の最後には、open Aの大我さんから
今後の大正区での取り組みについての説明がありました。
なんと!!
1月30日(金)から2月1日(日)の3日間にかけて、
馬場正尊のまちづくりキャンプを実施されるそうです!


第三回講演会開催

   
※写真をクリックすると拡大
  
未来へ まちの「兆し」を見つける
第3回リノベーション講演会開催

日時 11月7日(金) 19:00~21:00 (18:30開場)
会場  大阪沖縄会館 4階ホール (大阪市大正区千島3-19-3)
      ※今回は場所が変わっております。ご注意ください。
各線 大正駅から 市バス(2.4.5番乗り場から) 大正区役所前 下車 南へ徒歩 150m     Mapはこちら
参加費 1000円  主催 平尾リノベーション実行委員会
事務局 株式会社 コア・システム   お問い合わせはこちらから        

第二回の模様

「まちを元気にするには、まちの価値を再発見し、新しいチャレンジが生まれる仕組みが必要」

まちや商店に元気がないのは、新しいチャレンジがおこらないから。
だからまちに活気を取り戻すためには、新しいチャレンジが
生まれる仕組みを作って、きちんとまちの役割と価値を
認識しなおすということが大切。



加藤寛之氏
株式会社「サルトコラボレイティブ」代表取締役。
枚方市、伊賀市、丹波市でのまちづくり再生に取組む。毎週、第三日曜日に芦原橋で行われる
「芦原橋アップマーケット」を主催するなど関西で活躍する地域商業再生プロデューサー。



馬場正尊氏
株式会社「open A」代表取締役。
「東京R不動産」の立ち上げるなど、常に注目の的。
近年の作品に「道頓堀角座」のリニューアル、「
大阪市住宅供給公社カスタマイズ賃貸プロジェクト」など。


「物語がある建物」

リノベーションって?
建物の古さや歴史を
価値として残し再生する。


また、今回の講演会では、open Aの大我さやかさん、
大阪市立大学「横山研究室」、京都大学「髙田研究室」のみなさんにより
実際に大正区にある建物でシミュレーションによるBefore Afterを行いました!
建物の使い方をどのように変えれば、今よりより価値のあるものにできるのか?


をテーマに三者三様の提案をしていただきました!次回の講演会は、
11月7日(金)を予定しています。馬場さんと加藤さんには再度登壇していただく予定です。興味のある方は是非!
                           

第一回の模様

5月31日(土) 平尾リノベーション実行委員会主催で、
第一回リノベーション講演会が実施されました! 現在、平尾リノベーション実行委員会が進めているリノベーション事業とは、 短期間のスクール形式で、受講生に遊休不動産を活用するプランを考えさせ、 不動産オーナーへプレゼンを行い、そのプランが採用されれば、 実事業化を進めていくという全く新しい都市再生プラン事業です。 大正区リノベーション事業の実施に先立って、今回は日本をときめく著名な建築家などが大正区に集結し、 「リノベ@大正区?まち、水辺をすてきに編集!?」と題したトークセッションを行いました。 建築家たちによるトークセッションの前に、筋原区長により 「大正区ではこれまで、集客力アップのため様々なイベントを成功させてきたが、今後のテーマは、 これを一時的な集客にさせずに、リピーター定着・テナント誘致・居住者増への拡がりに繋げていくことである。」 と区内の現状を紹介。 これを受けて、ブルーススタジオ専務取締役の大島芳彦さんが、 「リノベーションは、建物の使い方を変えることで、そこに新しい物語を作っていくことである。」と 強調しました。 講師陣は、全国各地から集まったそうそうたるメンバーで、想定人数をはるかに超える200名近くの人が 集まりました。大阪府外からの参加者がとても多く、特にまちづくりに興味をもつ若い学生が多く来ていたのが 印象的でした。 次回の講演会は、8月28日(木)の19時から。 今回のナビゲーター役の東京R不動産代表取締役馬場正尊さんと芦原橋アップマーケットを成功させている 加藤寛之さんによるワークショップ形式の講演会です。馬場正尊さん、大阪市立大学、 京都大学により実際に平尾にある物件を使ってビフォーアフターをシミュレーションで提案するコーナーもあります。興味のある方は、是非参加してみてください。
これからのリノベーション事業に乞うご期待!!
第一回レポート 大阪と沖縄の文化が融合するまち「平尾」に、日本におけるリノベーション界の トップランナーである馬場正尊氏をはじめ、まちづくりの第一線で活躍されて いる超豪華な面々が集結。平尾そして大正区の魅力やこれからの可能性について 語りつくすトークイベントが開催された。 「人口減が続く大正区再生の切り札として、リノベーションによるまちづくりを 平尾から大正区全体に広げていきたい」という筋原区長の熱い想いを受け、 馬場氏がナビゲーターとなり進められたトークセッションはどれもが刺激的。
大島氏から「リノベーションとは『Re- innovation』」。これまでの物語を断絶する ことなく、再び革新を起こすことこそがリノベーションの本質だという言葉が心 に響く。また、服部氏からは、「実はgrafのスタートは大正。造船職人のおい ちゃんとの交流がいまのgrafをつくった」という秘蔵ストーリーが披露される と、夢や希望を胸に抱いた若者を、やさしく包み込み応援してくれる、そんな大 正スピリッツに深い感動を覚えた。 ゆるやかな心地よい時間が流れ、自由な雰囲気に包まれる大正区に魅了された 人々が集い、過去から現在、そして未来へと物語をつなぐ「リノベ@大正」プ ロジェクト。平尾そして大正がこれからどう変化していくのかとても楽しみだ。        :細江太郎


ご応募お問い合わせは     
 
    
    第3回リノベーション公演

   今回のリノベ@大正区は
   「まちの“兆し”を見つける」
   をテーマ
   まちづくりの専門家に
   講演していただきました。